自宅のパソコンでマイニングってできるの?CPU,GPU,ASICの違い

一度設定を行えば、後はパソコンをつけているだけで自分は何もしなくても仮想通貨を自動的に稼げてしまうマイニング。インストールするだけで簡単にマイニングが行えるような無料のソフトも登場し、その敷居はとても下がっています。

しかしながら、どんなパソコンでもマイニングを行って稼げるというわけではありません。ここでは、どのようなパソコンを使えばマイニングで利益を得ることができるかについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク




マイニングをするだけならどんなパソコンでもできる

自宅のパソコンでマイニングってできるの?CPU,GPU,ASICの違い

マイニングにはその処理をパソコンのどの部分に任せるかによっていくつかの種類があり、最も敷居の低いものがCPUマイニングです。CPUはありとあらゆるパソコンに搭載されているパーツであり、当然どんなパソコンでもCPUでマイニングを行うことが可能です。

しかしながら、CPUでのマイニングは効率が極めて悪く、マイニングをできはしますがそれほど稼げるわけではありません。現在発売されている中で最も処理能力が高い高額なCPUを使った場合を除き、掘る銘柄にもよりますがせいぜい月に数十円から数百円しか仮想通貨を手に入れることができないのです。

また、CPUは1台のパソコンに1つであり、単純に数を増やしてマイニングの能力を上げるといったこともできず拡張性に欠けます。

GPUを使ったマイニング

GPUを使ったマイニング

そこで登場するのが、GPUを使ったマイニングです。

GPUはグラフィックボードと呼ばれるパソコンの中でも描写処理を担当するパーツで、安いパソコンではCPUにその機能が内蔵されていてGPUが無い場合もありますが、ゲームをするためのゲーミングパソコンなどでは性能の高いGPUが刺さっており、それをマイニングに転用することで大きな効率を上げることができます。

GPUマイニングの利点は、その拡張性にあります。ノートパソコンの場合困難ですが、デスクトップパソコンならGPUを刺すスロットの数だけ処理能力を増やすことができ、1台のパソコンでも月数千円から最高て数万円程度稼ぐのも夢ではありません。GPU自体も、最新のものにこだわらなければ数万円程度でかなり性能の良いものが手に入ります。

ASICを使ったマイニング

ASICを使ったマイニング

特定の仮想通貨のマイニングにしか対応できず、代わりにGPUよりもさらに高性能なのがASICという装置です。GPUと同じようにパソコンに取り付けてASICマイニングを行うことができます。

処理能力がとても高く、かかる電気代もGPUよりも安めな一方で、パソコンショップなどで手に入るGPUと比べて入手がやや困難、設定に少々手間がかかる、値段が高いといった問題点もあり、必ずしもマイニングをするならこれを買った方が良い、というようなパーツではありません。

自分のPCでも不可能ではないマイニング

マイニングは本格的にシステムを組み立てて運用すれば非常に稼げるため、中国などではマイニング工場も建設され稼働しています。また、日本においても熊本電力が太陽光発電で余った電力の有効活用のためにマイニング事業に参入することが発表されました。

さすがに組織が行うマイニングの効率に個人が迫ることはできませんが、それでも自分のパソコンに合ったマイニング方法を選んで行うことで、決して少なくはない利益を得ることは可能かもしれません。

仮想通貨のマイニング(採掘)って何?その仕組みとメカニズム