DMM Bitcoin(DMMビットコイン)ってどんな取引所?使い方、メリット、デメリット

これまでは投資家を中心として主に扱われてきた仮想通貨ですが現在では広く一般にも認知されはじめ、本格的、仮想通貨ブームの到来と言っても過言ではないでしょう。現状では、仮想通貨の種類も増加しその数1,500種以上が存在します。コインの増加に伴い、仮想通貨の売買を行う取引所の数も世界的に増加しております。

様々な仮想通貨取引所がある中で、どの取引所を利用したらよいのか特に初心者の方にとっては、迷うところでもあります。多くの取引所の中の一つである「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」についての特徴などを解説致します。

スポンサーリンク




DMM Bitcoin(DMMビットコイン)とは

DMMビットコイン

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)とは株式会社DMM.comが運営している仮想通貨取引所です。2018年1月11日より口座開設の申し込み開始しました。2017年12月1日に仮想通貨交換業者として認定されました。

2017年12月12日に「株式会社東京ビットコイン取引所」から「株式会社DMM Bitcoin」へと商号を変更し、現在も順調に営業しています。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の基本情報

会社名: 株式会社 DMM Bitcoin

登録番号: 関東財務局長 第00010号(仮想通貨交換業者)

事業内容: 仮想通貨交換業及び金融付帯業(差金決済取引)

本社所在地:
〒103-6010
東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー10階

公式ページ:https://bitcoin.dmm.com/

設立日: 2016年11月7日

資本金: 12億9000万円

取り扱っているコイン

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)で売買可能な仮想通貨は以下の通りです。

1. 日本円と交換できる仮想通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ネム(XEM)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサクラシック(ETC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

2. 他の仮想通貨と交換できる仮想通貨

  • イーサリアム/ビットコイン(ETH/BTC)
  • イーサクラシック/イーサリアム(ETC/ETH)
  • ネム/ビットコイン(XEM/BTC)
  • リップル/ビットコイン(XRP/BTC)
  • ライトコイン/ビットコイン(LTC/BTC)
  • イーサクラシック/ビットコイン(ETC/BTC)
  • ビットコインキャッシュ/ビットコイン(BCH/BTC)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の特徴

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の特徴は以下のようなものがあります。

  • 現物取引3通貨ペア、レバレッジ取引14通貨ペアの取り扱い通貨ペア
  • レバレッジ5倍のレバレッジ取引提供
  • PC版及びスマホアプリでの取引ツールの提供
  • 各種手数料が無料
  • 24時間365日のサポート体制

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のメリット

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)を利用することの最大のメリットとしては、手数料がほぼ無料という点です。レバレッジ取引の取引については手数料も無料です。

また日本円の入金手数料と出金手数料が無料というのも、大変魅力的です。振込手数料については提携銀行を利用するクイック入金をおすすめします。

多くの仮想通貨取引所は「住信SBIネット銀行」と提携していますので「住信SBIネット銀行」の口座をお持ちでない方は、口座開設をおすすめします。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の使い方

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)では仮想通貨の取引において非常に便利な高機能スマホアプリが用意されています。スマホアプリの画面構成は非常にシンプルで使い方も簡単で、はじめての方でもすぐに使い始めることができます。

チャートを見ながら直感的にワンタッチで注文ができます。またレートアラート通知や経済指標アラートなどの充実の機能も搭載しており快適な仮想通貨取引をすることができ、評価も高いです。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判

動画配信サービス、FX、ゲームなど多くのサービスを提供している会社です。FX業者として評価の高いDMMグループということでアプリの評価は高いと評判です。

仮想通貨事業に関しても今後の将来性が期待されています。DMM Bitcoinの運営を長い目で見守る必要もあるでしょう。