仮想通貨はなぜウサンクサイのか?その理由を考えてみた

仮想通貨はテレビなどでも取り上げられ、日に日にその知名度を増している存在です。しかしながら、それを胡散臭い、怪しいと感じるている方もまだまだ多いでしょう。

仮想通貨を試してみたいと思っても、なんとなくウサンクサイイメージがあるために、ためらっている、という人は多いと思うのです。

ここでは、仮想通貨がなぜ胡散臭いと思われてしまうのか、その理由について考えてみました。

スポンサーリンク




作った人が分からない

仮想通貨の代表的存在であるビットコイン。それを作った人はサトシ・ナカモトという日本人とされていますが、詳しいことは一切不明です。

ビットコインの生みの親?サトシ・ナカモトって何者?

また、それを管理している人もいないので、ビットコインは誰が作ったのかも、今後どうなっていくのかも誰にも分からない謎だらけの存在となってしまっているのです。これでは、怪しいと多くの人が思うのも当然でしょう。

実際には、ビットコイン以外のほとんどの仮想通貨は制作者がはっきりしており、しっかりとした管理者もいて、情報公開などもなされています。しかしながら仮想通貨の中でもビットコインの知名度が圧倒的すぎるため、それに引きずられるようにして仮想通貨全体が胡散臭いものと思われてしまっているのです。

名前がウサンクサイ

「仮想通貨」という名前自体、よくわからないあいまいなイメージを与えてしまっているのかもしれません。「仮想」というと実体がないという意味ですので、いかにも不安な印象を持ってしまいますね。

しかし、日本語で仮想通貨といっているものは、英語では「Crypto currency」と呼ばれ、直訳すると「暗号通貨」となります。つまり暗号化された通貨ということになるわけです。

ただ日本においては仮想通貨という言い方が定着していますし、仮想通貨=ビットコインという認識を持っている人も多いように思います。

使い方がよくわからない

仮想通貨という名前の通り、お金として扱われるものです。ですので、様々なお店などで実際に使うことができればまだ信頼することもできるかと思います。

しかし現実では、今のところ、仮想通貨は投資の道具に使われるばかりで、いっこうに日常生活の中で使えるようにはなりません。一番有名なビットコインでも、それを使う店を探すためには東京などの大都会まで出なければならないほどです。

投資家の資金が集まりその値段は膨らむ一方ですが、特に使い道は無い、何に使われているのか分からない、そういった点も仮想通貨を怪しく思ってしまう原因となっています。

仮想通貨の一種であるリップルは既に銀行での利用が始まっているなど、企業や組織の間での仮想通貨は始まりつつあります。しかしながら、一般人が日々用いることができるようになるにはまだまだ時間がかかるでしょう。

取引所がアヤシイ

仮想通貨自体はブロックチェーンという超強力なセキュリティで守られており、その内容を書き換えられるような事件はこれまで起きていません。

仮想通貨のブロックチェーンって何?その仕組みとメカニズム

しかし、その仮想通貨の取引を行う取引所は安全面に力を入れているものから適当な運営をしている非常に危険なものまで、千差万別となってしまっています。

仮想通貨に関する法律の整備が追い付いていないため、ずさんな会社だろうとそれを取り締まられることもなく堂々と運営できてしまうのです。

そのような会社で取引を行うのは、偽札対策などが念入りになされた通貨を無人販売所に放置しているのと同じで、どんなに仮想通貨のセキュリティが優れていようとそれ自体を簡単に盗まれてしまうのです。

価格の変動が激しすぎる

仮想通貨のアイデア自体は、もともと投資狙いのものではなかったのですが、最近は投資対象としての側面ばかりが注目されているようですね。しかも、誕生以来、急激に価格が高騰しており、その成長ぶりは現実味を帯びていないように感じてしまいます。

このため、一般の人にとっては、仮想通貨はハイリターンだけどその分失敗したらとんでもないことになるのでは?という不安感があるのかもしれません。

しかし、実際には、仮想通貨投資においてもレバレッジをきかせたりしない限り、投資した金額より以上の負債を抱えてしまうということはあり得ません。もちろん、ハイリスクであることには変わりないので、生活資金をそこにつぎ込むべきではありません。

犯罪などに利用される可能性もある

もう一つ仮想通貨がウサンクサイと思われる理由の一つに、犯罪に利用されるリスクが高いことがあるでしょう。

仮想通貨の中には匿名性の高いものもあります。仮想通貨のアイデアは取引の歴史を参加者全員が共有する「ブロックチェーン」という仕組みを利用していますが、中には誰がどのシーンで仮想通貨を使用したのか追跡することが難しいコインもあります。

このような匿名性の高い通貨は、ダークウェブなどで使用されたり、マネーロンダリングやテロ組織の資金調達に使われるのではないかという懸念があります。

ただ、だからといって、仮想通貨は危険だ、アヤシイと決めつけてしまうのはもったいないような気がします。仮想通貨とブロックチェーンというアイデアには、もっと大きなメリットがたくさんあるからです。

仮想通貨がウサンクサイと思われる理由のまとめ

このように、仮想通貨が胡散臭いと思われてしまうのには様々な理由があります。

しかしながらよく見れば、どれも仮想通貨そのものがあやしいのではなく、その周囲が問題となって発生している怪しさ、危険ばかりです。

仮想通貨の仕組みやアイデア自体はとても優れたものですし、世界の通貨取引にとって、大きな改革となる潜在的可能性を持っています。しかし、現在はまだ社会がそれに追いついておらず、その結果として胡散臭いというような認識をされてしまっている、というのが実情となっているのです。

仮想通貨を試してみたいけど躊躇している、という人も、ぜひ一度自分の手で始めてみてください。仮想通貨はごく小額から始めることができます。実際に仮想通貨を自分で動かしてみると、それほどアヤシイものではないということがお分かりいただけると思います。