匿名性の高いコインの種類、所有することは危険なの?

なぜ、今アルトコインの中でも匿名性の高い通貨の注目が集まってきているのでしょうか? それはビットコインの持つ透明性にあります。

具体的には、ブロックチェーン上で、いつ、どこのアドレスからどのアドレスにどのくらい送金されたかという取引の内容が世界中で公開されています。

このアドレスから個人を特定することはできませんが、アドレスをたどれば過去の取引の記録などが全て閲覧できるということになります。

もしもアドレスと個人情報がつながれば取引履歴から、保有資産を知られてしまう可能性があります。プライバシーを守りながら、取引に透明性を持たせる、そのような難しい状況から生まれたのが匿名暗号通貨です。

スポンサーリンク




匿名性の高いコインの種類

匿名性の高いコインの種類、所有することは危険なの?

匿名性の高いコインで知られるのは、DASH(ダッシュ)、Monero(モネロ)、Zcash(ジーキャッシュ)、Verge(ヴァージ)などのアルトコインです。それぞれの特徴をあげていきましょう。

DASH(ダッシュ)

DASHはたくさんの取引情報をマスターノードに集約し、そこから情報を再び送金先に送ることから、送金先と送金元の関係がわかりません。どこに送金されたという記録だけが残ります。

Monero(モネロ)

MoneroはCryptonote (クリプトノート)というシステムを利用しており、公開鍵と送金用に2つの秘密鍵を利用しています。送金時にはワンタイムアドレス(自動生成アドレス)でさらに匿名性を高めます。またリング署名といって複数の公開鍵を束ねて、誰が署名したかわかりにくい仕組みです。

Zcash(ジーキャッシュ)

Zcashはゼロ知識証明というシステムが使われています。これは送金元アドレス、送金先アドレス、金額の3つを完全に隠すことができます。これはDASHやMoneroより匿名性が高いといえます。

Verge(ヴァージ)

Vergeは匿名性のある取引と匿名性のない取引を切り替える機能を持っています。これはレイス・プロトコルというシステムを利用しており、送受信者のIPアドレスはTorによって、プライバシーを維持します。

匿名性の高いコインを所有することのリスク

始める前に知っておきたい仮想通貨のリスクとは

匿名性が高い通貨の特徴にも、様々な機能があることが理解できたのではないでしょうか? 次は匿名性の高いコインを持つリスクについて、説明しておきます。

匿名性が高いコインはプライバシーの保護になる反面、犯罪に利用される可能性があります。例えば、マネーロンダリングや違法薬物の売買などです。実際に仮想通貨市場で犯罪に仮想通貨を利用した事例もあります。

このような犯罪が増加すれば、法律によって規制される恐れがあります。規制がかかれば、そのコインの価値が下がるという可能性もあるかもしれません。

また仮想通貨の取引で気をつけたいのが、誤送金です。もし仮に取引が成立した場合、匿名性が高い通貨だと同一アドレスの確認がそれだけ難しくなると思われます。

慎重に選びたい匿名性の高いコイン

日々変わる仮想通貨の市場を把握するには、通貨の特性を知ることが大事です。規制が心配な匿名性の高いコインですが、私たちのプライバシーを守りながら、オープンな取引を実現してくれるものです。

ただし、どのコインを所有するかは自己責任になります。匿名性の高いコインもそのポートフォリオの中に組み込んでおくことは、コインのリスク分散という点ではメリットがありますが、法的規制などのリスクもあることを理解したうえで選択するべきでしょう。

リスク分散のためのコインはどう選ぶべき?アルトコイン選択の基準とチェックすべきポイント